平成22年 岐阜県宗務所団参 伊勢・誓いの井戸 参加報告

                                     龍正寺(岐阜県岐阜市)
     龍正寺トップページへ

前のページへ
誓いの井戸石碑 我 日本の柱とならん

我 日本の眼目とならん

我 日本の大船とならん 
誓いの井戸 石碑・・・・

 平成22年11月27日土曜日。岐阜県宗務所主催の団参に参加させて頂きました。バス3台総勢約150名の参加となりました。目的地は三重県伊勢市にある『日蓮聖人誓いの井戸』です。

 私自身伊勢にある「誓いの井戸」へ参拝するのは2回目だったのですが、日蓮宗と伊勢はどんな関係があるのか?よく知りませんでした。そこで、今回の団参をきっかけに少しだけですが調べてみました。
 
 日蓮聖人が伊勢神宮内宮に参拝して法華経広宣流布を天照大神に誓われたのが1252年。この時日蓮聖人は天台宗常明寺に参籠(さんろう:祈願のためある期間神社や寺院にこもること)されました。そして伊勢神宮参拝前に100日間の水垢離(みずこり、みずこおり:神仏への祈願や祭りなどの際冷水を浴び身を清めること)を行い、志を固くしつつ身を清められた井戸が「誓いの井戸」として現在に伝えられています。

誓いの井戸落ち葉拾い  団参当日は天候にも恵まれ、バスから降りての参拝の時も上着が必要ないくらい暖かくなりました。その恵まれた天候のもと、誓いの井戸の落ち葉拾いを壇信徒一同行いました。その後参加した壇信徒一人一人が宝塔部にお参りさせて頂きました。 伊勢神宮内宮  昼食を取りその後、フリータイムを利用して伊勢神宮内宮に参拝しました。歩くこと約20分。緑・黄色・紅色と色とりどりの木の葉を目で楽しみながら気分良く参拝を終えました。


誓いの井戸・お題目  日頃なかなか外に出て景色を楽しむ余裕も無いのですが、今回は天候にも恵まれ、またほんの少しですが日蓮聖人と伊勢とのつながりも理解することができ良い機会となりました。ありがとうございました。 誓いの井戸・紅葉 三重県宗務所長さん
鮮やかな紅葉でした 三重県宗務所長さんのお話


誓いの井戸・宝塔部全景 誓いの井戸・お札 誓いの井戸・龍正寺の参加者
宝塔部全景 お札 龍正寺よりの参加者で記念撮影