平成23年 龍正寺      春季彼岸会  開催報告      龍正寺トップページへ

前のページへ戻る


H23-3月春季彼岸会01 H23-3月春季彼岸会02
お彼岸について 恋慕渇仰
H23-3月春季彼岸会03 H23-3月春季彼岸会04
募金箱についての説明 ブッダ、是非観に行って下さい


 「寒さ、暑さも彼岸まで。」と言いますが、今年は特に寒さが強い気がします。

 3月21日に春の彼岸会中日法要が開催されました。東北関東大震災で命を亡くされた方々の供養も交えながら、檀信徒一同自分たちのご先祖様に供養させてもらえる事に感謝し、一人一人がお経本を手に被災された方の分も一心にお参りさせてもらいました。

 今回はお上人様の法話で「お彼岸」についてお話しをして頂きました。彼岸にはお墓参りを行い先祖供養をすることや自我偈に出てくる六波羅蜜の事なども説明して頂きました。

 また、日なたの3月号で紹介させて頂いた「ブッダ」(布教コーナーにある手塚治虫さんのマンガです)が5月28日から全国の映画館で上映されることも紹介されました。

 そして、3月11日に起きた東北・関東大震災に於いて被害に遭われた方々に対して少しでも役に立ちたいという気持ちから、義捐金を集めることもお話しされました。一人一人ができることは限られていますが、小さなモノでもたくさん集まれば大きな力になると信じて活動していきたいと思っています。

 最後になりましたが、被害に遭われた方々の1日も早い復興を祈って、私たちも今できることを精一杯やっていきたいと思います。


※恋慕渇仰:ご先祖様を忍び恋い慕って心からの供養をささげる事の意。