平成27年 日蓮宗宝雲山 龍正寺団参 奈良 蓮長寺・東大寺 開催報告 龍正寺トップページへ戻る

前のページへ戻る


H27_1115奈良団参01 H27_1115奈良団参02 H27_1115奈良団参03    H27_1115奈良団参04
蓮長寺の妙見堂にての読経 蓮長寺・本堂前にて記念撮影    東大寺南大門にて
ガイドさんの説明に一同「なるほど…」 
  久しぶりに見た大仏様 


   
H27_1115奈良団参05 H27_1115奈良団参06 H27_1115奈良団参07   H27_1115奈良団参08 
このあと台座(蓮の花)に触りましたよ
  「何回も来ているけど
      こんな近くで見たのは初めて!」
ステキな景色を満喫しました   

 

 今回で6回目となる龍正寺の団参。今回の参拝先は日蓮聖人南都遊学ゆかりの地蓮長寺と、世界一の木造建築でも有名な東大寺でした。
 蓮長寺ではご住職より日蓮聖人が遊学された際、拠点として活動された事や応仁二年に当時の住職が日蓮聖人の霊夢を見て日蓮宗に改宗したこと、天井に描かれている龍の絵とその絵にまつわるお話等の説明をしていただきました。
 午後からは小学校以来ん十年ぶりとなる東大寺の参拝。大仏様(盧舎那仏像)の前での読経とお焼香。今回は特別に一段高い場所でした。ご住職からは、大仏様の後ろに幾つかある小さな仏像は宇宙を表していることや台座に同じ絵が幾つも描かれているのは無限を表していること、果ては大仏様のお身拭いの様子までテンポ良く説明をしていただきあっという間に時間が過ぎてしまいました。
 前日からの雨も止み、バスガイドさんの言葉通り傘はバスの中にお守りとして置いたまま。蓮長寺参拝中に激しく雨が降る音が聞こえてきましたが参拝を終えて外に出る頃は青空が見えていました。今回の団参も龍正寺パワーは健在でした。
 蓮長寺の客殿でのステキな庭を見たり、久しぶりに見る大仏様の大きさに改めて感動したり、人なつっこい鹿の思わぬ仕草に笑ったりと充実した1日でした。また、参加した皆さんのご協力で無事に団参を終えることができました。ありがとうございました。