第18回 宝龍会活動報告 宝龍会からのお知らせ
                                                     (平成23年10月)
前(宝龍会トップページ)へ

龍正寺トップページへ

<御万燈>
今年も御会式会の時期が参りました。

宝龍会の御万燈作りも平成18年より始まり6年目になりました。
今年も奉納させて頂く事が出来ました。
今年は今までになく、シンプルですが品のある御万燈が出来上がったように思います。そして今回ははじめて「まとい」作りにチャレンジしました。(素材は紙とテープですが・・・)


メンバーで試行錯誤しながら完成しました。
手作りとは思えない完成度です。「ひなた」41号の表紙になっています。

是非龍正寺にて実物を見て下さい。


宝龍会活動報告018_01 宝龍会活動報告018_03
宝龍会活動報告018_02 宝龍会活動報告018_04

<絵本作り>
今回は法華経七つのたとえの「三草二木」のたとえです。このお話の中に人物は出てきませんが、子供達に楽しく分かりやすく、見て・読んでほしいと思います。
親子で絵本を手に取り、一緒に法華経のすばらしさを子供へ、孫へと伝えていきたいですね。御会式会後に布教コーナーに配置しますので、多くの方々に見て・読んで頂けると幸いです。

宝龍会活動報告018_05絵本づくり



<啓運山「法華寺の夜」音楽説法> 9月16日(金) 午後7時30分〜

メンバー全員ではありませんが参加しました。
一言で「よかった〜!!」「楽しかった!!」
スタッフの方のあいさつとお話から始まり、そのお話の中で、「人生ってご縁があるかないかで大きく変わるんだなぁ〜。」と思いました。
次の、法華寺の高木上人様による方言のお話はとても楽しく、おかしくてあちらこちらから笑い声が上がりました。
方言の大切さを改めて感じました。
音楽演奏は、アルパという楽器(ハープを小さくしたような楽器)で「アルパ」とはスペイン語で”ハープ”のことだそうです。南米パラグアイ・メキシコ・ペルーなどで使用される民族楽器だそうです。
奏者の安田葉子さんの指先から、なんとも美しい音色がこぼれおちていました。とても優しくもあり、明るく元気でもあり・・・。南米の曲や、コンドルは飛んで行く、花まつり、コーヒールンバなど私達の知っている曲もありました。
雨の降る音とアルパの音色がステキに重なりあいながらの「荒城の月」は、しっとりとしていてとても素晴らしい響きを感じました。
ゲスト出演の大介さん!?塩野大介さんのウィンドシンセサイザーは私には衝撃的でした。もっと機械的な音だと思っていましたが、体が自然に揺れはじめて、まるで法華寺さんの本堂が一瞬にしてライブのような気分になりました。
日蓮様と共に音楽鑑賞させてもらえて感動です。
このようなイベントにまた、是非行きたいなと思っています。

ところで、法華寺さんでは10月22日(土)午後1時より

ワンドリンク付き参加費500円で
Autumn Festival」 が開催されます。
いろいろなジャンルの曲が聴けるそうです。
私達宝龍会も行く予定です。

お寺でこのようなイベントも良いのではないでしょうか。お年寄りも子供も皆さんが一緒に笑ったり歌ったり楽しむ事が出来る場所、優しくなれる癒しの場所がお寺なのかもしれませんね。

法華寺さんで秋を感じに、心の癒しを求めに行きましょう。!



※【法華寺】
  〒500-8082 岐阜県岐阜市矢島町1丁目55  058-262-5322