第19回 宝龍会活動報告 三草二木(さんそうにもく)(絵本) 前(宝龍会トップページ)へ

龍正寺トップページへ


この絵本は「長者窮子」に続く、法華七喩の第三話で「三草二木(さんそうにもく)」というお話です。

こちらをクリックするとPDF形式でご覧いただけます。

PDF形式のファイルをご覧頂くにはアドビリーダーが必要です。アドビリーダーはこちらからダウンロードする事が出来ます。
アドビ社のホームページへ
表紙
三草二木表紙
4ページ 3ページ 2ページ 1ページ
三草二木04 三草二木03 三草二木02 三草二木01
8ページ 7ページ 6ページ 5ページ
三草二木08 三草二木07 三草二木06 三草二木05
裏表紙 10ページ 9ページ
三草二木裏表紙           三草二木010 三草二木09
 この絵本は法華経の「薬草喩品」に出てくる喩え話で、『長者窮子』に続く法華七喩の第三話です。お釈迦様の説法を受けて、感謝の心を述べたお弟子達に対して、お釈迦様がさらに仏の慈悲の広大無辺さを伝えるために説かれたものです。